離婚自体の苦労ではないですが・・

平成4年、入籍と同時に過労からノイローゼになりました。休みや休職を取らせて頂きながら、サラリーマンを続けていましたが、平成12年に双極性障害と診断されました。平成20年にいよいよ出社もできなくなりまして退職いたしました。

傷病手当金、失業保険で2年間食い繋いでまいりましたが、妻の兄の計らいがあり、妻子は別居することになりました。私は一軒家で一人暮らしを病気もわずらいながらしてきました。

平成25年に妻の兄と妻から離婚してほしという旨の相談が有り、妻に迷惑をかけれないと思い、離婚を決意しました。離婚自体はスムーズにいったのですが、前後は苦しみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です